「夫子の道は忠恕のみ」

さぁ、新しい1週間が始まりました。

 今週はお客様への挨拶回り

 全体朝礼、責任者会議もあるし、

 忙しい1週間になります。

 今日も早速挨拶回りがありますが、

 気温がさほど上がらないといいのですけど・・・。
 

●「夫子の道は忠恕のみ」

 これは論語の中の言葉です。

 概略は

 孔子が弟子の曾子を呼んで、
 「私の人生は一筋の道を通して来た」
 と伝えます。
 曾子は「分かりました」と答えました。

 孔子の弟子たちは曾子にそれはどういう意味か尋ね。
 曾子が「先生の道は忠恕のみ
  ーすなわち真心と思いやりのことなのだ」

 と答えたと言う話。


●日本語の読み下しは

 子曰わく、参(しん)や、
 吾が道は一以(もっ)て之を貫く。
 曽子曰く、唯(い)。
 子(し)出(い)ず。
 門人問うて曰く、何の謂(いい)ぞや。
 曽子曰く、
 夫子(ふうし)の道は、忠恕(ちゅうじょ)のみ。


●論語で基本となっていること

 ー孔子が大切にしていることーは、忠と恕である。

 忠とはまごころであり、恕とは思いやりを指す。

 漢字の意味はというと、

 「忠」とは中と心からなる。

 心の中心にあるもののこと、

 すなわち真心であり、心をつくすことを意味する。

 「恕」とは如と心からなる。

 如は女(巫女)の口(言葉)であるから、

 神意を推し量ることを原義としている。

 つまり、他を推して心意を量ることを恕という。

 そう言ったことから、神様が大切にしていること

 ー思いやりのことを意味する。


●経営をする上で思いやりとはいったいなんだろうか?

 ただ闇雲に優しくすることとは違うと思う。

 社員が幸せになること

 社員の幸せとは人間性と知識と実行力を身につけて

 成長して行くことと考えたい。

 成長するため叱咤激励することが

 経営をする上での思いやりではないだろうか。


◆今日のなぞかけ

 「思いやり」 とかけて

  「小学生のテスト」 ととく

 その心は

  「やさしい!」

この記事へのコメント

ソウコ
2009年06月19日 01:28
北京在住のソウコと申します。
先日私の上司が帰任するにあたり、この言葉をお贈りくださいました。
私のブログでも取り上げたく思っているのですが、三代目さんのこの記事の解釈が非常にわかりやすかったので、一部コピーペーストとこちらのURLのリンクをさせていただいて宜しいでしょうか?

http://blogs.yahoo.co.jp/souko_otokozawa/
2009年06月19日 05:43
ソウコさん

私のブログで良ければ、使ってください。
分かりやすかったと書かれて嬉しいです。
ありがとうございます。

ソウコさんのブログ拝見しましたが、
早速お気に入りに加えておきました。
これからもよろしくお願いします。
ソウコ
2009年06月19日 23:18
ありがとうございます!
お気に入りにまで入れて下さり、ありがとうございます。
これからも、ブログ更新楽しみにしています!

この記事へのトラックバック

  • 論語と落語

    Excerpt: 土曜日に久しぶりに慶大落研の集まりに顔を出しましたよ。 六大学野球の慶早戦を観に行ったあとの飲み会です(^o^) Weblog: 天行健の三代目日記 racked: 2010-05-31 06:23