書籍紹介 「会社は変われるードコモ1000日の挑戦ー」(魚谷雅彦著)

画像山下公園前のイチョウが色づいてきました。

天気のいい日は気持ちいいですね。


11月30日付けの日経に
NICES(総合企業ランキング)の記事が載っています。

それによるとNTTドコモが1位でした。
「投資家」「消費者・取引先」「従業員」「社会」「潜在力」の
5つの視点での総業評価で1番とのことです。

なぜ一番か、この本を読むと分かる気がします。
特に「消費者・取引先」「従業員」のポイントに
魚谷氏が高く貢献しているのだろうと思いました。


●久しぶりの書籍紹介です。
以前同じ魚谷氏の書籍「こころを動かすマーケティング」を紹介しましたが、
その次の著書を続けて読みました。

これもGOODでした。

●内容は
・マーケットインのマーケティングとは
・ブランド構築とは

の2点について書かれています。

例えば
マーケットインについては
・コアターゲットは誰か
・4Pから5Cへ
など

ブランド構築については
・お客様とのコンタクトポイントの考え方
・CS(顧客満足)からCE(カスタマーエンゲージメント)
など

について事例を交えて書かれています。

自社のマーケティングやブランディングを見直す上で
すごく参考になる1冊です。




この記事へのコメント

通りすがり
2011年11月30日 08:24
気になる終わり方ですね。作戦?
2011年11月30日 08:56
「通りがかり」さん、ご指摘ありがとうございます。
保存して今日書き替えて掲載するつもりが、
うっかり公開してしまいました。
今朝の記事を加えて書き替えました。

感謝!

この記事へのトラックバック